白髪染めをする際、準備したい物

白髪染めをする際、準備したい物

初めて白髪染めをする時は、どのような準備をしたらいいのか解らない人も多いかと思います。

 

そんな人の為に、白髪染めする際、あると便利な物をご紹介します。

 

白髪染め ランキング http://www.socpharmed.org/

 

まず一つ目が、手袋です。

 

白髪染めは手に付いてしまうと、染み込んでなかなか落ちません。

 

それを予防する為に、薄いビニールの手袋があると安心です。

 

商品に付いている場合もありますが、付いていない場合は、100均などで購入しましょう。

 

ゴムで固定しておくと、脱げる事もなく安心です。

 

 

 

二つ目が新聞やゴミ袋・ティッシュです。

 

お風呂場で白髪染めする際にも、床が汚れないように、新聞やゴミ袋を敷いておくと安心です。

 

ティッシュも、壁や身体に付いてしまった時に、サッと拭き取るのに必要です。

 

 

 

三つ目が、いらないタオルやケープです。

 

首から下を守る為、白髪染めをする際は着用しましょう。

 

 

 

四つ目がラップです。

 

ラップを被せて放置すれば、通常より短い待ち時間でよく染まります。

 

自分で巻くのが難しい場合は、家族の人に手伝ってもらえると、助かります。

 

 

 

最後が鏡です。

 

当たり前ですが、必ず鏡を見ながら、塗りムラの無いように白髪染めを塗りましょう。

 

洗面台でする場合はいいですが、鏡が無い場所でする場合、必ずスタンドミラーを用意して、行いましょう。

 

 

 

あちこちに付けて汚してしまったり、失敗するリスクを減らす為、準備は万全にして白髪染めに臨みましょう。

初めてでも大丈夫、生え際の白髪染め

 

普段みている鏡に、自分の白髪がチラホラ確認できた時のショックは大きいですよね。

 

 

 

白髪=オバサンのイメージがあったので、まだ30代半ばの私には白髪を受け入れることができませんでした。

 

見つけては抜いて抜いてを繰り返した挙句、生え際は薄毛となりつつありました。

 

 

 

何か悩み事が多くなったかな、寝不足かな、など色々原因を探ろうとしますが、

 

それは自分がそれなりに年齢を重ねている証拠だと、今では割りきれるようになりました。

 

 

 

鏡で数本確認できる程度なら、タッチ式のポイントブラシがおすすめです。

 

筆のようなブラシで気になる白髪に直接なでるように塗るだけです。

 

お出かけ前にさっと塗れますし、バッグに入れておけば出先でも使用できます。

 

 

 

生え際全体に広がってきた白髪には、市販のコーム付き泡カラーが手軽でリーズナブルです。

 

最近は全部使い切らなくても、2、3回使い回しできるようになっています。

 

 

 

白髪染めにもカラーとマニキュアタイプがあります。

 

あまり髪が傷んでない方はやはりマニキュアタイプをおすすめします。

 

 

 

私の場合は生え際を中心に白髪が多いです。

 

 

 

まず、一度美容院でチェックしてもらい、生え際だけ部分マニキュアをしてもらっています。

 

 

 

その後、月1のペースで半年間ほどは自宅のみで市販の白髪染め(マニキュア)をしています。

 

 

 

さらにお出かけ時には、見過ごしていた白髪数本をポイントブラシでトントンと隠しています。

 

なので、美容院で白髪染めをするのは年に2回ほど、あとは自宅で手軽にケアしています。

 

 

 

このやり方は美容院で教えてもらいました。

 

良心的な美容院ですよね。

 

 

 

美容院で白髪チェックしてもらうのとそうでないとでは、アドバイスももらえたり

 

プロはやはり違いますからそこは怠らないほうが良いでしょう。

 

 

 

初めての白髪染め、これから長い付き合いになるので手軽に負担なくやっていきたいですね。

満足できる白髪染めに出会えました!

 

使っていた白髪染めが、

 

あまり自分の髪に合っていないような気がして、

 

新しい白髪染めを購入してみました。

 

 

 

今回はインターネットで色々クチコミなどを調べて、

 

じっくり考えたすえに購入を決めたせいか、

 

とても仕上がりに満足しています。

 

 

 

私が購入したのは「DHCのQ10美容液 カラートリートメント」なのですが、

 

髪と地肌にとても優しく、

 

使用後も、髪がきしむことなくサラサラになります。

 

 

 

今までの白髪染めはどこか不満があったのですが、

 

この白髪染めは本当に悪いところがなく、

 

染めるたびに髪の潤いが戻ってきたような気がします。

 

 

 

地肌にピリっとした痛みもなく、

 

使用中にふんわりとローズの香りがするので、

 

とてもリラックスできて、癒されます。

 

 

 

使いやすさも気に入っていますし、今までは白髪染めをするとき、

 

また髪が痛むんだろうなと心配だったのですが、

 

この白髪染めは、使うたびにハリのある髪になってきているので、

 

とても嬉しい日々です。

 

 

 

白髪染めでこんなに楽しめるとは思いませんでした。

 

 

 

髪がしっかり染まるだけではなく、髪のツヤとハリがでてきたので、

 

若々しくなってきたと言われるようになり、

 

笑顔で過ごすことが増えてきました。

 

 

 

今まで色々白髪染めを使ってきた私ですが、

 

この白髪染めは本当にオススメだと言いたいです。

中年男性に向いているシャンプータイプの白髪染め

 

私は男性なのですが、30代半ばになって、白髪が目立つようになってしまいました。

 

同僚からは「生え際が後退したり、髪が薄くなるよりは、よっぽどマシ」と慰めの言葉もかけてもらえるのですが、30代の白髪というものも中々に悲しいものです。

 

年齢よりも老けて見えるのか、直属の上司よりも年上に見えるなど、私に取っては笑えない笑い話も経験してしまいました。

 

美容院などで白髪染めを考えた事もあるのですが、昨日までは白髪まじり、今日からは黒々とした髪というのも、変化が大きすぎて、何とも情けない気がします。

 

そこで考えついたのが、シャンプータイプの白髪染めでした。

 

よくテレビCMの通販番組などで、カラーリングシャンプーとして販売されている製品です。

 

シャンプーに染料が含まれる事で、毎日シャンプーするだけで、次第次第に白髪がカラーリングされるという優れものです。

 

女性などでヘアカラーを一気に変化させたい方の場合、目に見えたカラーリングの変化がすぐに現れない為に、避けられることもある白髪染めですが、私にとっては、まさに理想の白髪染めとなっています。

 

使用を始めてから二週間程度で、明確に色がついてきたと実感でき、毎日継続して使用を続ける為、髪が伸びることによる、グラデーションの様な白髪に戻る事もありません。

 

少なくとも髪がある間は、このシャンプータイプの白髪染めとお付き合いする事になりそうです。

自然派白髪染めなら、ヘナがおススメです。

 

 なんだかんだと言いますけど、外見ってやっぱり重要ですよね。見た目で印象ってガラリと変わりますから。

 

私も30代後半になって、だんだん白髪が増えてきました。白髪って、髪の中のほうがたくさんあるんですね。

 

ある日、ふっと髪を持ち上げてみて、あまりの白髪の多さにびっくりしました。

 

 それで白髪染めを探し始めました。もともと敏感肌なので、なるべく地肌に優しいものがよかったのです。

 

自然素材の白髪染めってあまり種類がありませんが、ヘナを見つけました。

 

ヘナは植物からつくられたものなので、お肌には刺激が少ないんです。

 

今はネットショップなどでいろいろな商品が売られていますが、粉末ヘナを水で練って、マヨネーズくらいにして髪に塗ります。

 

出来上がったヘナは、ちょうどおやつの抹茶ソースくらいのもので、これで白髪がブラウンに染まるのが不思議なくらいです。

 

けっして緑色にはなりません。最初は心配しましたが(笑)。

 

 ヘナのいいところは、いったん染まったら色が抜けにくいということですね。

 

それと染める期間があいても、多少なら白髪と染めた部分がうきません。何となく白っぽいなと思うくらいです。

 

 デメリットは時間がかかることですね。私はヘナの中でも比較的早染めタイプを使っていますが、それでも塗ってから45分かかります。

 

あとは、匂いですね。

 

なんていうか、漢方薬みたいな草の匂いが強くします。家族には嫌がられます。

 

 でも他の白髪染めと違って、髪が傷みません。逆にヘナで染めると、髪にハリやコシがでるほどです。面倒ですが、やめられませんね。